包摂都市ネットワーク・ジャパンは、都市の脆弱化にまつわる新たな都市問題に対応し、より人間らしい暮らしを営める居住空間や、活力あふれる生活空間、そしてすべての人々に居場所や出番が確保された包摂都市の実現をめざす都市間の連携を図っていくため、都市行政の職員、研究者、市民がともに行う調査研究をはじめとした様々な事業を展開していきます。

 


お知らせ -イベント開催案内-

【2023年度ヤングケアラ―と子どもの不利を考える研究会 研究成果報告会】

 

昨年1年間実施したヤングケアラ―と子どもの不利を考える研究会の研究実施内容の報告会を、以下の要領にて開催します。

ハイブリッド形式での開催となりますので、ふるってご参加ください。

なお、対面参加の方には、今回の研究報告会での報告内容をまとめたブックレットを贈呈いたします。

 

 開催日時:2024年6月1日(土)14時~17時

 

 会場:ハイブリッド開催(大阪公立大学中百舌鳥キャンパス+オンライン

  ※申し込みをされた方に当日の会場、またはZOOMのリンクをお知らせします。

 

 参加申込:5月24日(金)17時までに下記のFormsからお申し込みください。

      Forms:https://forms.gle/TWo3j76Dzduf4ZL66

 

当日のプログラム(敬称略):

 

1.     開催の挨拶:矢野裕俊

 

【視察及び研究会開催報告】

⒈ 神戸市子ども家庭センター視察報告:矢野淳士

⒉ 子ども・若者ケアラーに関する京都市ユースサービス協会の取り組みから:森口由佳子

⒊ 当事者を真ん中にすえた子ども・若者ケアラー支援、ケアラー支援について:金 大賢

⒋ ヤングケアラーと家族への支援:森口由佳子

【東アジア諸国の動向】

⒌ 台湾におけるヤングケアラー(子ども・若者ケアラー)関連動向と支援策について:川瀬留美

⒍ 中国におけるヤングケアラー(子ども・若者ケアラー)関連動向と支援策について:楊慧敏

⒎ 韓国におけるヤングケアラ―(子ども・若者ケアラー)関連動向と支援策について:全泓奎

⒏ 質疑・討論

 

※終了後に交流会を開催予定(会費制)。


インクルーシブシティ研究会 第2回研究報告会

 

[開催趣旨]

 若手研究者及び会員のみなさまの研究活動支援を目的とし、2024 年7月 20 日(土)に大阪商業大学梅田サテライトにおいて、「インクルーシブシティ研究会第2回研究報告会」を開催いたします。当日は、本会研究チームによる「東アジア寄せ場調査研究報告」も予定しております。

 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

 

[プログラム]

13:00~ 受付開始

13:30~13:35 開会挨拶

13:35~15:40 「東アジア寄せ場調査研究報告」

15:40~15:50 休憩

15:50~17:10 研究報告会

17:10~ 閉会挨拶

17:30~ 懇親会

 

[参加費]

本研究会の会員・非会員に関わらず無料

※懇親会は別途参加費必要

 

[研究報告申込]

2024年7月10日までに下記申込先まで報告タイトルをお知らせください。

発表要旨はA4・2枚にまとめ、7月15日(月)までにデータで提出してください。

申込及び提出先:nomura@omu.ac.jp

 

[主催]

インクルーシブシティ研究会

 

[アクセス]

大阪商業大学梅田サテライト

(大阪府大阪市北区大深町 4 番 20 号 グランフロント大阪タワーA(南館)16 階)

※添付のアクセスマップをご確認ください。


【今年度の都市行政ネットワークセミナーを開催しました】

  →当日の概要、様子はこちら


【今年度の運営体制が決定しました。】

 2024年4月13日に、第1回包摂都市ネットワーク・ジャパン役員会を開き、本年度の運営体制、改正後の会規約について検討を行い、決定を行いました。以下リンクよりご参照ください。

 本年度もみなさまとの広い研究活動を発展していけるよう、尽力してまいります。ご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 

 運営体制