包摂都市ネットワーク・ジャパンは、都市の脆弱化にまつわる新たな都市問題に対応し、より人間らしい暮らしを営める居住空間や、活力あふれる生活空間、そしてすべての人々に居場所や出番が確保された包摂都市の実現をめざす都市間の連携を図っていくため、都市行政の職員、研究者、市民がともに行う調査研究をはじめとした様々な事業を展開していきます。

 


お知らせ

2023年度包摂ネットワークジャパン総会 開催のお知らせ

                講演会ポスター
                講演会ポスター

日時:2023年12月23日(土) 14時00分~17時00分

会場:大阪公立大学杉本キャンパス 

   学術情報総合センター(杉本図書館)1階 文化交流室

   (大阪市住吉区杉本 3-3-138)

    https://www.omu.ac.jp/library/access/

 

当日のプログラム

  14:00−15:30  記念講演

           (2023年度第2回ヤングケアラーと子どもの不利を考える研究会

 

    テーマ:ヤングケアラーと家族への支援

    講師:奥山滋樹さん(鈴鹿医療科学大学 助教)

 

  15:30−16:00  質疑・討論

  16:00−16:30     休憩

  16:30−17:00   2023年度包摂都市ネットワークジャパン会員総会  

 

※総会後(17:00−19:00)同じ階にある「野の花ハウス」にて

ICN-Japan忘年会を兼ねた交流会(会費制:3,500円/人)を開催します。

(野の花ハウスHP:http://www.nonohanahouse.rest/)

 

交流会を含め参加ご予定の方は、講演会チラシ内のQRコードもしくは以下リンクよりお申し込みください。

参加申し込みリンク:https://onl.tw/L51AUcM  (申込締切:12月20日(水))

「インクルーシブシティ」原稿募集のお知らせ

 

 このたび、包摂都市ネットワークジャパン・インクルーシブシティ研究会の会報である

雑誌『インクルーシブシティ』への原稿を募集いたします。

 

 刊行の目的は、貧困・社会的包摂をテーマとしつつ、都市および地域研究・社会開発研究等に関する研究論文、調杳報告、ICN-Japan の活動報告などを掲載し、インクルーシブシティに関する知見の共有及びその深化を図ることです。          これまでの刊行実績

 

【原稿ジャンル】

 研究論文、研究ノート、 海外の包摂都市インフォメーション(各都市関連の事例報告)、書評、論文抄録

 

 投稿をご希望の方は、会員申し込みの後、インクルーシブシティ研究会まで投稿希望をお知らせください。   執筆要領

 

 投稿原稿の締切は、査読論文は査読プロセスのため11月末です。それ以外の原稿は、1月末です。

 

 

 投稿・問合せ先:インクルーシブシティ研究会  icnjapan2018@gmail.com

 

第12回東アジア包摂都市ネットワークショップが無事終了しました

→当日の様子・プログラム